鳥栖市【啓心会病院】栄養科

鳥栖 病院 啓心会病院
日本医療機能評価機構認定施設
日本リハビリテーション医学会認定研修施設
院長挨拶・病院理念・病院の概要・個人情報について 診療内容・外来診療一覧・医師の紹介・外来について・入院について リハビリ・当院のリハビリ・看護部・薬局・栄養科・地域連携(患者様用)・地域連携(医療機関様用) ・啓心会NST フロア案内・医療機器紹介 健康教室 健康管理 デイサービス「けいしん」・グループホーム「けいしん」・有料老人ホーム「けいしんハウス」・居宅介護支援センター「けいしん」 交通案内・お見舞いの方へ・求人情報・よくある質問・ボランティア募集・お問い合せ
リハビリとは
当院における
リハビリテーション
看護部
薬局
栄養科
地域連携(患者様用)
地域連携
(医療機関様用)
啓心会NST
栄養科では入院中の楽しみであるお食事をよりおいしく、バランスのとれた食事を提供できるよう努力しております。

また、患者さまが自ら選べる「選択メニュー」や食生活のアドバイスとして個別の栄養相談を実施し、快適な入院生活が送れるように食事面からサポートしております。
毎月、栄養科より患者さまへ「風の便り」を発行し健康管理についてや栄養科の取り組みをお伝え しています。
当院では四季折々の行事を食事で演出できるように毎月、行事食や郷土料理を提供しています
風の便り
風の便りでは毎月栄養科から皆様に向けて食物の栄養素の 豆知識や栄養科での取り組みを発信しています。
平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
■26年1月号 ■27年1月号 ■28年1月号 ■29年1月号
■26年2月号 ■27年2月号 ■28年2月号 ■29年2月号
■26年3月号 ■27年3月号 ■28年3月号 ■29年3月号
■26年4月号 ■27年4月号 ■28年4月号 ■29年4月号
■26年5月号 ■27年5月号 ■28年5月号 ■29年5月号
■26年6月号 ■27年6月号 ■28年6月号 ■29年6月号
■26年7月号 ■27年7月号 ■28年7月号 ■29年7月号
■26年8月号 ■27年8月号 ■28年8月号
■26年9月号 ■27年9月号 ■28年9月号
■26年10月号 ■27年10月号 ■28年10月号
■26年11月号 ■27年11月号 ■28年11月号
■26年12月号 ■27年12月号 ■28年12月号
QandA
★ここで当院での栄養相談の一例を紹介いたします。 (肥満Q&A)
おつまみを食べないでお酒を飲むだけなら太らないの?
アルコールは体内に入るとエネルギー源として利用され、水と二酸化炭素に分解されて排泄してしまうため、体内に蓄積されにくいといわれています。
しかし、アルコールが分解されている合間に一緒に食べたおつまみの栄養素は体脂肪として蓄積されてしまうので、これが肥満の原因になります。とはいってもおつまみも食べずアルコールだけでは肝臓を痛めることになりますので、お酒は適量を軽いおつまみと一緒にいただくというのが最善のようです。
いつもダイエットが続かないで困ってますが?
ダイエットに挫折しがちな人を見ていると、実現困難な目標を立て「絶対食べない!絶対歩く!」などの完璧主義の傾向があるようです。
ダイエットを始めるときには挫折しても当たり前と考え、楽な気持ちで取り組むことが大切です。
そして、無理なく実現できそうな手軽な目標から1つずつ達成していくことが成功の秘訣です。
中国茶はダイエットに有効なの?
ウーロン茶などの中国茶には血液中の脂質を流す作用があるものと誤解している人が多くいますが、実際のところそのような効果はありません。
ただし、お茶はノンカロリーで利尿効果も高いヘルシーな飲み物ですから、糖分が含まれているスポーツドリンクやジュースよりもおすすめです。
Copyright (C) 2008, Medical corporation KEISINKAI Hospital. All rights reserved.
病院概要
院長の挨拶
理念
病院の概要
個人情報について
診療内容
診療内容のご案内
外来診療一覧
医師の紹介
外来について
入院について
部門紹介
部門案内
リハビリとは
当院におけるリハビリ
看護部
薬局
栄養科
地域連携(患者様用)
地域連携(医療機関様用)
啓心会NST
施設内紹介
フロア案内
医療機器紹介
健康教室
健康教室のご案内
健康管理
健康管理
関連施設
関連施設案内
デイサービス
グループホーム
居宅介護支援センター
通所リハビリなないろ
有料老人ホームけいしんハウス
その他
交通案内
お見舞いの方へ
医師・薬剤師・MSW・募集
スタッフ求人情報
ボランティア募集
お問い合せフォーム
サイトマップ
HOME